プレスリリース

8,000万円の資金調達を実施〜採用、開発およびマーケティングを強化

HR×SaaS領域で、勤務シフト作成自動化サービス「Shiftmation(シフトメーション )」を運営する株式会社アクシバース(代表取締役:能塚 正基)は、Archetype Ventures、DNX Ventures(旧:Draper Nexus Ventures)および個人投資家を引受先として、総額8,000万円の資金調達を実施いたしました。
※五十音順、敬称略

Shiftmation(シフトメーション):人工知能が自動でシフト作成

資金調達の背景

事業運営において、スタッフの方が働きやすいシフト作成はとても大切なことです。しかし、複雑なシフト作成のために、事務所にこもって紙やExcelに向き合い、長い時間を費やして疲弊してしまうことを残念に思います。
私たちは、シフト作成に関わる人たちの貴重な時間を、もっと人と向き合うことに活用してもらいたいという思いからShiftmationを開発いたしました。2018年6月のβ版リリースから累計して、自動作成されたシフト数は500を越え、ユーザーの皆様からも大きな期待を寄せていただいたものと感じております。
また、より実務にフィットした形で活用いただけるよう、皆様からのフィードバックを元に多くの新機能を追加してまいりました。
※例:シフト希望提出リマインド機能、複数事業所統括ダッシュボード機能、タイムカード機能(β版)など

今後の事業展開

今回の資金調達を機に、開発及びマーケティングを強化し、ユーザーの方がShiftmationをさらに心地よく使えるサービスに進化させていきます。
今後は、シフト作成の時間を短縮するだけでなく、今まではシフト作成者が考慮できていなかったような要素を自動判別して提案することで、より働きやすいシフトを、より短時間で作成できるように開発を進めてまいります。

引受企業からのコメント

・Archetype Ventures Managing Partner 福井 俊平 氏
労働力人口の減少は可視化されうる大きな流れの一つとして、幅広い業界に影響を及ぼす大きな課題と認識しています。高度なシフト生成アルゴリズムによる、時間軸も含めた人材の適材適所での最適化は、この課題解決に置いて重要な要素となると感じています。

・DNX Ventures Managing Partner 倉林 陽 氏
アクシバースの高度なアルゴリズムを活用したSaaSアプリケーションが、これまでテクノロジーの恩恵を受けてこなかったシフト生成業務の自動化、効率化をもたらし、あらゆる業界の生産性の向上をもたらす事を期待しています。

全職種で積極採用中

アクシバースでは、Shiftmationを一緒に世に広めていく仲間を募集しています。
少しでもご興味をお持ちいただいたら、ぜひ一度お話をしてみませんか。

採用情報はこちら