プレスリリース

経済産業省後援「第7回 HRテクノロジー大賞」で奨励賞を受賞しました

「経済産業省後援「第7回 HRテクノロジー大賞」で奨励賞を受賞しました」のサムネイル画像

株式会社アクシバース(本社:東京都千代田区、代表取締役:能塚 正基、以下「当社」)が提供する勤務シフト自動作成サービス「Shiftmation」は、この度「第7回 HRテクノロジー大賞」において、人事システム部門「奨励賞」を受賞いたしました。

HRテクノロジー大賞について

「HRテクノロジー大賞」(後援:経済産業省、産業技術総合研究所、情報処理推進機構、中小企業基盤整備機構、株式会社東洋経済新報社、株式会社ビジネスパブリッシング、HRテクノロジーコンソーシアム、HR総研(ProFuture株式会社))は、日本のHRテクノロジー、人事ビッグデータ(アナリティクス)の優れた取り組みを表彰することで、この分野の進化発展に寄与することを目的に、今年第7回が開催されます。

受賞理由

『Shiftmation』は、複雑な要件を考慮した勤務シフトを、独自開発のアルゴリズムで短時間での自動作成を実現。
正式版をリリースして約3年半で自動作成されたシフトは7万件を超えており、シフト作成の自動化により、マネージャーの業務負担と残業人件費を削減するとともに、属人的な業務を解消することでビジネスの継続性にも貢献する優れたサービスであると高く評価されました。

代表取締役 能塚 正基によるコメント

この度は、弊社が運営する勤務シフト自動作成サービスShiftmationを奨励賞としてご評価いただき、大変光栄に存じます。
これからも、医療介護を中心としたエッセンシャルワーカーの複雑な勤務シフト作成の自動化を通じて、より働きやすい環境づくりに貢献してまいりますので、引き続きのご支援をよろしくお願いいたします。

サービスサイト

https://www.shiftmation.com/

HRテクノロジー大賞の概要

第7回 HRテクノロジー大賞
https://hr-souken.jp/hrtech_award/